フリーターから転職は可能か?おすすめの職種や採用情報などを解説!

フリーターから転職は可能か?おすすめの職種や採用情報などを解説!

「フリーターから転職するのは厳しいだろうか?」と不安を抱いている方は少なくないと思いますが、選ぶ職種や面接での受け答えなどによって、違いはあるのでしょうか?

そんな疑問を持っている方に向けてこちらの記事では、フリーターから転職するには何が必要なのか気を付けたい点などについて解説していきます。

また、記事の後半ではおすすめの転職エージェント5社紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

ポイントを押さえて転職活動を成功させましょう!
フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

フリーターからの転職におすすめの職種

フリーターからでも転職するには職種選びが重要となってきますが、どのような業界なら転職しやすいのでしょうか?

以下では、未経験や資格を持っていない方でも転職できる職種を紹介します。

事務員

事務職の中でも、医療・人事・労務など多くの職種があります。企業の運営には欠かせない存在なので、需要が高い業界です。

資格や検定などを持っていなくても問題なく、もし必要になっても企業が取らせてくれる場合が多いです。

「難しい仕事が多く付いていけなさそう・・」と不安に思われる方も多いですが、タイピングやExcel(スプレッドシート)など、基本的なPC操作ができれば問題ありません。

また、事務職の一つとして電話応対を行うコールセンターもあります。厳しい言葉を浴びせられても気にならない方にはおすすめです。

高収入であることを第一条件で考えている方にも向いている仕事と言えます。

 PCを持っている方は、就職活動と並行してスキルを磨いておきましょう!

介護職

介護職は、高齢化が進んでいる現代社会で需要の高い仕事です。今後も高齢化が加速することが予想されているため、さらに介護業界の人材が求められるでしょう。

 先輩の仕事を見ながら学んでいくことが多いので、未経験で資格が持っていなくても働くことができます。

資格の取得には実務経験が必要なものもあるため、働きながら経験を積んで資格を取得する方は少なくありません。

肉体的にはきついと感じることのある仕事かもしれませんが、高齢者との会話が好きな方には適職でしょう。

資格が必要となる業務もありますが、施設によって資格を取得させてくれる会社もあります。

接客業

接客業には、飲食店・レジャー施設などのサービス業やアパレルをはじめとした販売業と幅広い仕事があります。

 勤務先によっては調理資格や登録販売者の資格が求められることがあるので、取得しておくことをおすすめします。

しかし、無資格・未経験の方でも最低限のマナーと言葉遣いを気を付ければ、働き始められる職業の一つです。

アルバイトで接客の経験がある方ならば、同業の企業を探すことで正社員の採用が近づくでしょう。

 丁寧さだけでなく、気持ちの良い対応をすることも大事!

IT業界

ここ数年、デジタル化が著しく進んでいることで、プログラマーやエンジニアなどのIT業界は人手不足となっています。

もちろん専門知識が求められますが、ほとんどの企業は経験者しか雇わずに採用活動を行えるほど余裕がありません。

そのため、未経験者でも積極的に採用して研修や仕事をしながら覚えさせる企業が多いため、就職の間口が広くなっています。

また、専門的な技術が身に付くことで自分自身のスキルアップにも繋げることができるでしょう。

 これからの時代、プログラミングスキルは重宝されるので、世間から求められやすくなります。

公務員

公務員は、学歴・経歴によって左右されると思われがちですが、実際はそこまで制限があるわけではありません。

大卒の方が短大・専門もしくは高卒区分の公務員試験を受験することは不可能であることと、年齢制限をオーバーしていなければ基本的にはどんな試験も受験ができます。

転勤や異動であまり地元から離れたくない方は、市役所・警察官・消防士などの地方公務員を受験すると良いでしょう。

また、幅広い地域で仕事をしたい方は省庁の職員である国家一般職や自衛隊、さらに刑務官などの国家公務員を志望することをおすすめします。

 公務員は基本的に試験の出来次第で合否が決まるので、誰でも平等になれるチャンスがあるのもメリットです!

建設業

建設業には現場監督や設計士、さらに現場作業系ではとび職・大工のような仕事があります。

いずれも人手不足に悩まされているため、採用活動を積極的に行っています。

学歴は重視せずに、スキルを重視する企業が多いのが現状です。基本的には現場仕事なので体力に自信がある方におすすめです。

 注意点としては、その道のプロである高齢の方が多く上下関係が厳しい世界であることを理解しておかなければいけません。

年上の方とのコミュニケーションに慣れていない方は、きつい思いをすることもあるでしょう。

フリーターへの転職は30歳以上でも大丈夫?

フリーターからの転職は可能だと言っても、30歳以上でも当てはまるのでしょうか?少し意識を変えるだけで転職できる可能性は上げられるため、以下で詳しく解説します。

35歳以上になると即戦力の人材が求められる

30歳を超えたあたりから正社員として採用してもらうことが難しくなってきます。特に35歳以上になると、即戦力となるスキルを持っていなければ、内定を貰いづらいでしょう。

そういったことを考えると、アルバイト・契約社員などから正社員登用を行っている会社に応募してみるのも一つの方法です。

また、転職エージェント・ハローワークなどでアドバイスを行ってくれるサービスをうまく活用しましょう。

 派遣社員として働く紹介予定派遣を利用したり、職業訓練校に通って経験を積んだりすることで、正社員採用へのステップアップをするのもおすすめです。
フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

経歴を気にしない企業も増えている

フリーターとしての経歴を前向きに捉える企業は少ないです。しかし、そこの部分だけで評価を下す企業が少ないことも大半です。

大事なのは、これまでにどんな生き方をしてきて、その経験が志望している企業でどのように活かせるかです。

 どこにいたかではなく、どこで何をしてきたかが重要!

やる気や意識の高さをアピールできれば、30代のフリーターでも経歴を気にされることなく、雇ってもらえる可能性は十分にあると言えます。

アピール方法は20代の人と異なる

20代の就活や転職活動と比較して、求められている資質はどのようなものなのかを把握しておくことが大切です。

 自分のスキルや能力を伝えるには、今まで行ってきたアルバイトで培った経験をアピールするのも手段のひとつとして検討すべきです。

とくに長く働き続けてきた経験がある場合、しっかりと自社に定着してくれると判断されて採用してもらえる場合もあります。

1社にこだわらず複数の企業を応募して、自分のスキルや資質を評価してくれる企業を探してみましょう。
フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

フリーターの面接は何を聞かれるか?

書類選考が通過したら避けては通れない面接試験。新卒の面接で聞かれる内容とは異なることがあります。

以下ではフリーターから転職する際に、よく聞かれる質問事項からその答え方まで解説していきます。

正社員になろうとしたきっかけは何ですか?

この質問をする意図としては、どれだけ本気で就職したいかを見ています。「たくさん稼ぎたいから」「正社員になると安定するから」などといった回答は絶対に避けましょう。

自分が経営者だとして、採用活動を行う際になんとなく就職したいだけの人を雇おうとは思わないはずです。

ふさわしい回答としては、具体的なエピソードを用いることをおすすめします。

 具体性が増すとそれと比例して、説得力を増すことができるので、本気度が伝わりやすくなります。
「正社員になることで仕事の範囲を増やしたいと思ったことがきっかけです」というように、企業側にメリットがあることを伝えられると、より魅力に感じてもらいやすくなるでしょう。
 理由が曖昧だと「うちでなくても他の会社でいいじゃない」となってしまうので、そこでしかできないことを伝えるのがベター
フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

あなたを採用すると我が社にどのようなメリットがありますか?

この質問をされたら、自己PRをするといった認識を持っていればOKです。自分を客観視した上で、魅力をアピールできているかを見られています。

企業側は「うちの社風と合っているか」を判断しているので、回答次第で評価が変わることが予想できます。

そのため、志望する企業についてプロジェクトや社風などを深く調べておくことが重要です。面接試験を受ける前に、今自分が持っている長所・持ち味などをしっかりと把握しておきましょう。

 もし企業が求めているスキルが無ければ、これから努力する旨を上手く伝えられるようにしましょう。

なぜ今まで就職しなかったのか?

フリーターは世間的に、「働くのが嫌なだけではないのか」とイメージを持たれていることがあります。

面接官も同様で「真面目にきちんと仕事をしてくれるのか」「物事を前向きに捉えられるのか」などを判断していることが考えられます。

そのため、答え方としては、「社会人として働くよりもやりたいことがあった」「自分のスキルを磨いてから就職したかった」など、前向きな理由が望ましいです。

 「働きたくなかったから」というようにネガティブな内容のみを伝えるのは避けるべきです。もし、他に思いつかない場合は言い方を変えてみましょう。

面接官の方も、就職しなかった背景は理解しています。そこからどう変わったか今後はどうしていきたいかを伝えることが大事なのです。

嘘をついて参考書に載っているような内容を発現するよりも、自分の言葉で正直に答える方が得策です。

自分のことを聞かれているのに、突っ込まれて答えられないようでは「嘘を付いているのでは?」と思われかねません。

正社員になるにあたっての抱負

この質問は志望動機とあわせて、意気込みを伝えるイメージを持っていればOKです。

 社会人として働く際も目標を掲げて仕事に取り組むことが重要となるので、きちんと答えられることは社会人としての心構えがあると見られます。

面接官に自分の意欲をきちんと伝えるには、志望している企業の理念・社風にマッチするようにしなければいけません。

そのため、自分の考えが浅くまとまっていなければ、意欲が伝わらないため内定を貰うことが難しくなるでしょう。

論理的に目標を立てることができるかどうかが重要です。

過去に何度も転職をしているとマイナスになる?

スキルを重視する企業が増えてきたとはいえ、転職回数が多いとマイナスイメージを持つ企業はたくさんあります。しかし、伝え方一つで印象は大きく変わるため、しっかりと対策しておきましょう。

退職理由をしっかり説明する

面接官が退職理由を聞く背景は、前職に対して抱いている不満は転職することで解消するのかを確認するためです。

 ここで気を付けるべきなのは、できるだけポジティブな内容を伝えるようにしなければいけません。

ネガティブな内容を伝えることは、面接官からすると前職の悪口にも聞こえてしまい、心地良いものではないです。

もし前向きな退職理由が思いつかない場合は、「○○がしたいため退職しました」というような意味合いに変換することを意識しましょう。

同じ内容でも、伝え方一つでプラスの印象になることもあればマイナスになってしまうこともあります。
フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

短期間での転職歴は内定に響くか

2~3か月程度で退職した経験がある方は、長く働く意思があることを前面にアピールすることが重要であると言えます。

ほとんどの面接官は、短期退職について「何故こんなに早く退職したのだろう」「他にやりたいことがあったのか」などと疑問を持ちます。

しかし、ここで回りくどい言い方をしてしまうと見破られてしまい、面接官に良くない印象を与えてしまうでしょう。

そうならないためにも、基本的には正直に退職理由を伝えるべきです。大事なのは働く意思があることのアピールです。

「前職を退職したことで自分と向き合うことができた」というように、退職を前向きに考えてみるのも良いでしょう。

 転職活動の軸や企業理念などがマッチしなければ、短期退職を繰り返してしまう原因になります。

履歴書の書き方

就職・転職活動を行う際に避けては通れない履歴書。どのように書くべきなのかといったところで悩む方は少なくないでしょう。

以下では、履歴書を作成するにあたって気を付けるべき点や、フリーターならではの悩みを解決していきます。

基本的な重要ポイントは新卒者と一緒

当然のことではありますが、誤字脱字がないか綺麗に書けているかなどのチェックはきちんと行いましょう。

せっかく内容が濃く魅力的な文章を書いていても、基本的なポイントを抑えられていなければ、最後まで読んでもらえないことも考えられます。

そうならないために、全て書き終わったタイミングで音読してみましょう。

 口に出して読み直すことで、不自然な箇所があることに気づきやすくなります。

ポイントとしては、流し読みせずにゆっくりと読むことです。

学歴・職歴などは正直に記載する

フリーター生活が長く続いていると、過去の職歴を知られたくない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、「ここは誤魔化せるだろう」と勝手に省略してしまったり、虚偽の内容を記載したりしてはいけません。

 後々発覚してしまった場合を考えるとリスクが大きすぎます。せっかく内定を貰えていても取り消しになる可能性も否めないです。

採用されて働き始めてからでも処分を下される可能性はあるので、空白期間を無くして正直に記載すべきです。

どうしても濁したい部分がある場合は、細かい部分まで書かないようにすると良いでしょう!
フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

何もしていない期間がある場合はどうすべき?

正社員・アルバイト問わず働いていない期間がある場合は、その間に取り組んできたことを書くことをおすすめします。

例として、システムエンジニア職を希望している方であれば、「空白の期間はスクールに通ってスキルを磨いていました」というようなニュアンスです。

つまり、志望している業種・企業マッチするために時間を費やしてきたことをアピールすべきということです。

もしそういった経験がない場合は、「自分には何が向いているのかを探す時間に当てていた」と伝えてみるのも手段の一つでしょう。

アルバイト歴も省略せずに書くべき

「アルバイト歴も書かないといけないの?」と疑問に思われる方は多いですが、企業によっては可能な限りで書いた方が良い場合があります。アルバイトも立派な社会経験の一つです。

何をしてきたかも大事ですが、どんな職場であれ無駄になる仕事はないのです。

経歴の欄が少なくても特に問題はありませんが、気になる方や面接前の段階で少しでも自分をアピールしたい方は活用すると良いでしょう。

 もし雇用形態に関係なく社会経験が少ない場合は、企業名を書いた下の欄に職務内容を書くのもおすすめです!

【転職の参考に】フリーターと正社員の年収の違いを解説

家とお金と電卓

フリーターと正社員を比較すると、正社員の方が年収は高いとはいえ「フリーターも稼げるのではないか?」と思う方もいるでしょう。

しかし、フリーターと正社員では、年数を重ねるごとに差が開いていくため、結果的に正社員の方が圧倒的に年収が高くなります。

 正社員には、ボーナスや福利厚生があるなど、企業から守られていることが大きく影響してきます。

ここでは、フリーターと正社員の違いを以下3つの項目でご紹介します。

フリーターと正社員について
  • フリーターと正社員の収入の差
  • フリーターと正社員で収入が開く理由
  • フリーターが収入を上げるためには

それでは、詳しく解説していきます。

フリーターと正社員の収入の差

先述した通り、基本的にフリーターよりも正社員の方が年収は高いです。実際に、厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査の結果では、フリーター含む非正規雇用の平均月収は、21万4,800円となりました。

 対して、正規社員の平均月収は32万4,200円という結果になっています。単純に比較すると、平均月収だけでも10万円以上の差があることがわかります。

あくまで平均年収であるため、もちろん年齢ごとによっては、フリーターと正社員の差が異なるのは当然です。以下に、年齢別に平均月収をまとめてみました。

年齢 非正規社員の平均月収 正社員の平均月収
〜19歳 17万4,100円 18万200円
20〜24歳 18万3,400円 21万5,400円
25〜29歳 20万2,400円 24万9,600円
30〜34歳 20万7,200円 28万2,800円
35〜39歳 21万4,300円 31万6,300円
40〜44歳 21万1,900円 34万3,500円

この表を見て分かる通り、どの年齢でもフリーターより正社員の方が月収が高いです。

正社員の平均月収は、年齢が上がれば上がるほど増えているのですが、フリーターに関しては、大きく増加することはなく、むしろ35歳をピークに減少する傾向があります。

これにより、フリーターと正社員では収入の差が圧倒的に開くことがわかります。

フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

フリーターと正社員で収入が開く理由

前段で、フリーターよりも正社員の方が圧倒的に収入の差があるとお伝えしましたが、その理由について知りたい方も多いでしょう。

フリーターは正社員とは違って、昇給や昇格、ボーナスなどがないため、正社員と収入の差が大きく開くようになります。

 正社員の場合、毎年昇給がありますし、実績やスキルなどを身につけて人事からの評価をもらえれば、昇進や給与もアップさせることが可能です。

特に、係長や課長などの地位に昇進することで、役職手当もつきますし、ボーナスの金額も変わってくるため、年齢を上げるごとに収入が増えていきやすいです。

一方、フリーターは基本的に昇進もなければ昇給もありませんし、ボーナスが出ることもほぼありません。

業績によって一部昇給はあっても、基本的には時給が数千円上がる程度であるため、大きく収入を上げることが難しいです。

よって、フリーターと正社員では年齢を重ねるごとに大きく収入の差が生まれてしまうでしょう。

フリーターが収入を上げるためには

フリーターとして生きていく以上、正社員に収入を近づけるためには、以下2つの方法しかありません。

フリーターとして収入を上げる方法
  • 高時給のバイトをする
  • アルバイトを複数行う

そもそも、フリーターとしての収入が低いのには、低時給なバイトをおこなっていることが考えられます。

稼働日数や時間によって異なりますが、高時給のバイトを行うことで、少しでも正社員との収入の差は縮めることは可能です。

一方、アルバイトを複数行うことで、勤務時間が増えるほか、収入源を増やせるため、今よりも収入をアップさせることが可能です。

ただし、アルバイトの掛け持ちは、体に負荷をかけてしまうため、体調面が懸念されます。

場合によっては、睡眠時間や自由時間などを削るため、体調のことをしっかりと考えて検討しましょう。
フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

フリーターの就活を成功させる3つのコツ

合意

転職エージェントに登録する

フリーターから正社員を目指して就職活動を行う際は、転職エージェントに登録することで就活をスムーズに進めることができます。

 転職エージェントでは、書類添削や面接対策など就活に必要なスキルを無料で支援してくれます。

また、転職エージェントでは非公開求人を保有しており、より好条件である求人を紹介してもらえる可能性があるでしょう。学歴や職歴に自身がなくても、充実したサポートをうけることができます。

フリーターや既卒の就活に特化したエージェントも多数掲載しているため、ぜひ参考にしてみてください!

就活を意識し始めたらすぐに行動をする

当然ですが、フリーターの期間が長ければ長いほど正社員になれる確率が下がってしまいます。

 就活を意識し始めたら、すぐに行動に移すことでフリーター期間を少しでも短くすることができます。

また、就職活動には書類の応募や面接など内定までに約2,3ヶ月ほどの日数がかかってしまうため、できるだけ早く求人を見つけることが大切です。

自分のキャリアを明確にする

就職活動をする上で一番大切になることは「どんな仕事をしたいか」「どんなことをやりたいか」などの自己分析をしてキャリアを明確にすることです。

 自身のキャリアを明確にすることで、求人を探しやすくなり就職活動の目的をはっきりさせることができるでしょう。

また、早期退職や転職を何度も繰り返していては企業からのイメージも良くありません。そこで自己分析を早くから行うことで、入社後のミスマッチを減らすことができます。

やりたいこと、目的をもって取り組みましょう!

フリーターにおすすめの転職エージェントの選び方

握手

先ほど、フリーターとして収入アップさせる方法をご紹介しましたが、実際にはフリーターから正社員になることが1番の収入アップさせる方法です。

ただし、転職活動をしなければならないため、転職が初めてな方はどのエージェントを選んで取り組めば良いか迷う方もいるでしょう。ここでは、転職エージェントの選び方を3つご紹介します。

転職エージェントの選び方
  • フリーターや未経験者向けのエージェントを選ぶ
  • 保有する求人数が多いところを選ぶ
  • サポート体制が充実しているエージェントを選ぶ

それでは、詳しく解説していきます。

フリーターや未経験者向けのエージェントを選ぶ

「フリーター向けの転職エージェントはないのでは?」と思いがちですが、実際にフリーター・未経験者向けの転職エージェントは存在します。

フリーター向けの転職エージェントでは、未経験OKの求人も多く取り扱っているため、「フリーターだから厳しいかも」と心配する必要はありません。

 担当アドバイザーの方は、これまで何百・何千名とフリーターの方の転職支援をおこなってきているため、転職についてのアドバイスや悩み相談などを親身になって聞いてくれます。

そのため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

フリーターの就活にはハタラクティブ!
ハタラクティブ
  • 既卒・フリーター・ニート・中退転職に特化!
  • 初めての業界・未経験でも厳選した求人を紹介
  • 受ける企業に合わせて1社ずつの面接対策を行うため、受かりやすい!
  • 選考から数日間で合否がわかるので、内定までのスピードが早い!最短2週間での内定も可能
ハタラクティブの詳細
公開求人数※2022年9月13日時点 非公開
主な機能
  • 求人紹介
  • 就活アドバイザーによるカウンセリング
  • 1社ずつの面接対策
  • チャットツールでの気軽な相談
利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

保有する求人数が多いところを選ぶ

保有する求人数もエージェントを選ぶ上で大切な基準です。仮に、保有する求人数が少ないエージェントで活動すると、それだけ企業を選ぶ幅を狭めてしまい、自分に合う求人に巡り合う確率が低くなります。

 求人数が多いエージェントを利用することで、幅広い業界・職種から自分に合った企業を選定しやすくなるため、自分に最適な求人を見つけることができます。

特に、dodaやリクルートエージェントなどの大手転職エージェントは、10万件以上の求人数を保有していますし、規模が小さめの転職エージェントでも1万件ほどの求人数はあります。

求人数は多いに越したことはありませんが、最低でも1万件の求人数があるエージェントを選べば、選択肢が広がり、効率の良い転職活動ができるでしょう。

サポート体制が充実しているエージェントを選ぶ

転職した経験がないと、どのように進めていいかわからなくなる方も多いでしょう。

その場合に、不明点や疑問点などを気軽に相談できるくらいのサポート体制が敷かれているエージェントを選んでおくと心強いです。

 自分の性格を客観的に見てくれた結果をもとに、求人紹介してくれますし、面接対策や書類添削なども丁寧におこなってもらえれば、不安なく転職活動が進められます。

転職エージェントを選ぶ際、サポート体制が充実しているかどうかあらかじめ確認しておきましょう。

フリータにおすすめの転職エージェント7選

転職は自力で行うだけでなく、その道のプロからアドバイスを受けられる転職エージェントを利用するのも一つの選択肢です。

種類が多すぎてどれを選べばいいか分からないといった方に向けて、以下ではおすすめの転職エージェントを7社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 公開・非公開求人どちらも案件が多い
  • 幅広い業種・職種に対応
  • 都心部だけでなく地方にも求人が多数ある

リクルートエージェントは、求人のうち半分以上が非公開求人で他では紹介されない独占求人も数多く保有しています。

あらゆる求人を抑えているためどの業界にも強いですが、特にIT・通信・医薬業界などの求人が豊富です。

また、北は北海道から南は九州まで主要都市を中心に全国各地に16か所の支店が点在しています。

 土日も対応しているので、仕事をしながらの転職活動でも利用しやすいでしょう。

地方に転職しようとしている方もしくは、地方在住の方にとっては転職活動がしやすいのもメリットです。

運営会社 株式会社リクルート
求人数(公開・非公開の合計) 29万件以上
拠点 全国対応可

doda

doda

dodaの特徴
  • 海外企業の転職に有利
  • 転職サービスが豊富
  • エントリーに履歴書がいらない

dodaは、IT業界やエンジニア職の求人が数多く取り揃えられている特徴があります。

登録するとすぐに、転職希望者専用の管理ページが共有され、新しいの求人が次々と追加されます。

企業の詳細も確認できるので、自分の条件とマッチするところがあればエントリーがしやすいでしょう。

 転職を希望する企業との面接も登録時に付与される管理画面で調節が可能!
また、スカウト・ヘッドハンティングサービス年収査定キャリアタイプ診断など転職活動に役立つサービスが豊富な点も魅力です。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
拠点

東京・北海道・仙台・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡

求人数(公開・非公開の合計) 11万9000件以上

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 経験・経歴やスキルに自信のない方の転職におすすめ
  • 20代の転職に強い
  • 最短2週間で転職が可能!

ハタラクティブはスキルや経験に自信がないフリーターの方におすすめしたい転職エージェントです。

 20代の転職にも強く、数々の転職をサポートしてきたプロが求職者のヒアリングを通して、おすすめの求人を紹介してくれます。

経歴に自信がなくてもアドバイザーが模擬面接や書類添削など、選考突破のためのサポートを行ってくれます。

最大限自分をアピールしながら転職活動を進めることができるので、最短2週間で内定を獲得することもできますよ。
運営会社 レバレジーズ株式会社
資本金 5,000万円
求人数(公開・非公開)※2022年7月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 目的別に専門サイトが併設されている
  • 35歳以下の若年層の転職に力を入れている
  • 給与をはじめとした条件交渉も代⾏してくれる

マイナビエージェントは若年層の転職に力を入れており、利用している7割以上の方が35歳以下となっています。

35歳以上の方でも利用は可能ですが、そういった方は他の転職エージェントを利用すべきと言えるでしょう。

 専用アプリをダウンロードしておくと、新着情報のお知らせがいち早く知ることが可能です。

また、「グローバル人材」「エンジニア(IT)」「エンジニア(ものづくり)」など人気の高い以下の分野については、専門サイトが開設されています。

すでに志望業界が決まっている方は、専門サイトを利用して転職活動を行うことをおすすめします。

運営会社 株式会社マイナビ Mynavi Corporation
資本金 21億210万円
求人数(公開・非公開)※2021年10月時点 6万件以上

就職shop

就職Shopの特徴
  • 専任のキャリアコーディネーターがつく
  • 模擬面接で面接対策を行える
  • 求人で出している企業は直接訪問して取材している
就職Shopに登録するとまずは、専属のキャリアコーディネーターと面談を行います。そこで利用者の条件や性格に合った企業を紹介してくれるのです。

そして、模擬面接も行っていることで万全な状態で面接を迎えられます。自己アピール力を高めることができるので、内定を貰いやすくなるでしょう。

面接だけでなく、履歴書の添削も細かく見てくれます!

ネットだけでは分からない生の情報をお伝えしてくれるので、より充実した転職活動を行いやすくなります。

拠点 東京・横浜・埼玉・千葉・大阪・京都・神戸
運営会社  株式会社リクルート
登録企業数※2021年10月時点 1万件以上

DYM就職

DYM転職

DYMの特徴
  • 最寄りのオフィスへ行けない人はオンライン面談可能
  • フリーターからの転職サポートに強く高い満足度を誇る
  • 応募書類の添削をしてくれる
DYM就職は、登録時に行うカウンセリングで条件や希望を聞いたうえで、利用者を企業に紹介してくれます。いわば、アドバイザーによる推薦がある下で応募している状態です。

「書類選考が中々通過できない」と行った方でも、応募書類を添削してくれるため安心です。
また、DYM就職は第二新卒のような若手人材を求めている企業への転職に強いです。既卒・第二新卒を含めて満足度が90%と非常に高い数値となっています。
運営会社 株式会社DYM
資本金 5,000万円
拠点 東京・仙台・名古屋・京都・大阪・福岡・札幌・広島

安定のお仕事

おすすめポイント
  • 正社員への転職を徹底サポート
  • フリーター、第二新卒、非大卒向け求人が豊富
  • 内定取得率98%

安定のお仕事は、正社員への転職をサポートしてくれる転職エージェントです。

 内定取得率は98%、定着率は95%と安心の実績を誇っていることが特徴です。

また、求人数は1万件以上大手企業やメーカー、官公庁などで就業する正社員の仕事が豊富。安定した職場を厳選しているので、初めての正社員や未経験の仕事への転職でも安心です。

さらに、IT系資格対策講座を無料で受けることができパソコン操作や、ネットワーク、サーバー関連の転職にも特化しています。

安定した職場への転職を目指している方におすすめです!

運営会社 株式会社安定のお仕事(MAPグループ
拠点

東京・大阪

求人数(公開・非公開の合計) 1万件以上

※1 安定のお仕事を利用して2021年に転職した人の正社員内定率

転職・仕事に関する独自のアンケート調査

当サイトではユーザーへの信頼度の高い情報提供のため、転職・仕事に関する独自のアンケート調査を実施しております。

転職を考えている方にとっては、他の人の転職事情を知ることでより前向きに検討できるのではないでしょうか。
今回ご紹介するアンケート項目は以下の通りです。
アンケート調査の項目
  • 転職をしたことがあるか
  • 現在の年収
  • 仕事のモチベーションとして最も重視するもの

ぜひ、参考にしてみてください!

Q1:転職したことはありますか?

Q6:転職したことはありますか?

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(524)
ある 66.6% 349
ない 33.4% 175

アンケートの結果、半数以上の人が転職をしたことがある、という結果になりました。

 転職に対してマイナスイメージを持つ人は少なく、従来の終身雇用の考えよりも、転職をしてスキルを伸ばしていく成果主義の考えが浸透していることが要因としてあげられます。

自身のキャリアアップや給与アップを求めている方は、ぜひ転職を前向きに検討してみましょう。

転職エージェントを利用すれば、自分では見つけることができない非公開求人を紹介してもらえるので、スムーズに転職活動を進めることができますよ。

Q2:現在の年収を選んでください。

Q3:現在の年収を選んでください。

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(524)
200万円未満 19.5% 102
200万円以上300万円未満 14.9% 78
300万円以上400万円未満 13.7% 72
400万円以上500万円未満 9.2% 48
500万円以上600万円未満 9.4% 49
600万円以上700万円未満 5.0% 26
700万円以上 20.0% 105
答えたくない 8.4% 44

アンケートの結果、年収700万円以上と答えた人が20%年収200万円未満と答えた人が19.5%と両極端な結果となりました。

 年収200万円の手取りは約160〜170万円であり、一人暮らしの場合は生活に余裕がでるほどの金額ではないでしょう。

少しでも給与面で不満があるかたは、まず職場内での昇進や昇格を目指しましょう。

資格を取るなどして、手当をもらうのも手段の1つですね!

Q3:仕事のモチベーションとして最も重視するものは何ですか?

Q8:仕事のモチベーションとして最も重視するものは何ですか?

アンケート調査結果
パーセンテージ(100%) 票数(524)
仕事のやりがい 32.3% 169
給与 30.5% 160
ワークライフバランスを保つこと 11.8% 62
人間関係 9.7% 51
職場環境 6.7% 35
スキルの向上 2.5% 13
キャリアアップ 1.0% 5
その他 1.7% 9
特にない 3.8% 20

アンケートの結果から、仕事のモチベーションとして最も重視するものは「仕事のやりがい」「給与」であるということがわかりました。

 日々の仕事にやりがいを感じられない、という方は思い切って転職を考えてみるのはどうでしょうか。転職をすることで、また新しい環境で1から自分のスキルを磨くことが可能です。

また、前職よりも給与アップを希望すれば、希望に沿った求人を見つけることもできるでしょう。

アンケート調査の詳細

アンケート調査の概要
調査目的 お仕事に関するアンケート
調査対象者数 550
調査方法 インターネットリサーチ
調査実施会社

株式会社ジャストシステム

ファストアスク

調査実施期間 2021年12月
アンケート調査の詳細はこちら

よくある質問

フリーター経験があると正社員になるのは難しいでしょうか?

フリーター経験があっても正社員に転職できるチャンスはありますが、同時に悪印象を持たれることがあるのも事実です。「すぐに投げ出してしまわないか?」と考えを持っている人がいるためです。ここでは、簡単に投げ出さない覚悟をアピールすることが重要となります。5,10年後にはどうなっていたいかというように、将来について話すことも覚悟を持っている立派な裏付けとなるでしょう。

これまでに短期離職の経験がある場合はどう伝えるべきですか?

短期離職、もしくは転職経験が多い場合でもESや面接では正直に伝えても大丈夫です。しかし、「前職では給料が安かった」というようにネガティブな内容はできるだけ避けましょう。短い期間で退職したという事実を受け止めた上で、これからどうなっていきたいかが大事なのです。

30代でもフリーターから正社員になれますか?

30代でもフリーターから正社員になることは可能ですが、20代の頃と比べると転職できる難易度は上がります。大学時代の就活や第二新卒などの若い時に行った転職活動とは、違った面で自己アピールしていかなければいけません。そのため、転職先でも即戦力で活躍できることをアピールする必要があります。アルバイトを含めたこれまでに培ってきた経験・スキルを活かせることを伝えるようにするとよいでしょう。

アルバイトすらしていなかったのですが大丈夫でしょうか?

これまでに就職・アルバイトの経験がないといった場合には、何をしてきたかを伝えるようにしましょう。活躍できるスキルは仕事で培ったものだけではありません。旅行に没頭してきたのであれば経験したことを伝えてみて、他の人にはない強みをアピールすることをおすすめします。企業にもよりますが、個性を求める企業であれば正社員へ転職できる可能性は高まるでしょう。

以前のようにすぐ辞めてしまわないか不安です。

過去に短期離職の経験がある方で「またすぐに辞めてしまわないかが不安・・」という場合は、前もって応募する企業について詳しく調べておきましょう。事前準備をしておくことで、転職先のミスマッチを防ぐことができます。そのためには、「これだけの給料は欲しい」「この仕事がしたい」というように、転職先に求める条件を決めておくことが重要です。希望する条件を考えておくと、企業探しをスムーズに行えるようになります。

まとめ

こちらの記事では、フリーターからの転職について解説してきました。転職活動を行うにあたって、重要なポイントは抑えられましたでしょうか?

大事なのは学歴・経歴だけではなく、何をして生きてきたかどのようなスキルがあるかどうかです。自分の持ち味を最大限に活かせる場所に身を置くことで、理想の転職活動が行えます。

自力で求人を探すのもいいですが、転職エージェントを利用して少しでも理想の企業に転職していきましょう。

転職活動を成功させるために今回紹介した内容をぜひ参考にしてください!
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事