株式会社レッセ・パッセの企業インタビュー|アパレル・ファッションの転職ならエラン

マイ求人検索

株式会社レッセ・パッセ 企業インタビュー

株式会社レッセ・パッセ

株式会社レッセ・パッセ

周囲を幸せにできる人間性と、とにかくファッションが大好きという情熱を持った方と一緒に働きたい。
この気持ちをいつも大切にしています。

今回は、採用担当者の本田さんに、採用活動における考えや、レッセ・パッセで働くことの魅力についてお話をお伺いしました。

本田 香さん
株式会社レッセ・パッセ

17年前にレッセ・パッセに販売スタッフとして入社。 VMD、店舗マネジメント、バイイング、MDなど複数の職種を経て、4年前、採用担当に就く。

御社の会社概要について教えてください。

創業以来のモットーは『ファッションを通じて、レッセ・パッセに関わる多くの人と幸せになれる会社にする』こと。

レッセ・パッセは1986年に、代表の針生が立ち上げたアパレル企業です。 創業以来のモットーは『ファッションを通じて、レッセ・パッセに関わる多くの人と幸せになれる会社にする』こと。 だからこそ、まずは働く従業員が幸せになることを大切にしており、そういった人材1人ひとりが誠意を持って働いていくことが、お客様の満足に繋がると考えています。

あとは人と人の繋がりが深い会社でもありますね。デザイナー、パタンナー、それに社長まで、実際に店舗へ足を運んで、現場の販売スタッフとコミュニケーションを取るんですよ。それに、そこで吸い上げたお客様の声は次の商品企画のヒントにもなる訳です。

ブランド展開について詳しく教えてください。

お客様がブランドと一緒に人生を歩んでくれるような展開を行っています。

現在展開しているのは、『LAISSE PASSE』『Debut de Fiore』『Fiore Luxe』の3ブランド。基本的に軸としているのは女性特有のエレガンスさで、年齢層によってブランド展開を分けているというイメージですね。 『LAISSE PASSE』は一番若い層がターゲット。年齢で言うと、25、6歳くらいで、お仕事を始めて2、3年目の働く女性を想定しています。 『Debut de Fiore』と『Fiore Luxe』はそれより少し上の層。生地もインポートだったり、カシミアが入っていたりと、素材もより上質なものになりますが、レディースエレガンスというテイストは変わりません。 『LAISSE PASSE』を着始めてくれた子たちが、歳を重ねても、レッセ・パッセの服を選んでくれるような――、ブランドと一緒に人生を歩んでくれるような展開を行っています。

今後の展開としては、新ブランドのリリースや、O2Oビジネス(レッセ・パッセルームという形で実施いたしました!)などの販路拡大、さらには海外アジアへの一層の進出も計画しています。

御社で求められる人材はどのような人材ですか?

大切なのは今何ができるかよりも周囲を幸せにできる人間性と、とにかくファッションが大好きという情熱。

基本的に一緒に働く方には長く活躍してほしいと考えているので、一緒に成長していきたいと思えるような人がいいですね。 スキルというのは入社してから身に付けられますし。それよりも仲間と良い人間関係を築けることの方が大切です。

あとはファッションを通じて自己実現を果たしたり、自分や家族を幸せにしたいと思っている人ですね。代表の針生も同じなんです。企画あがりの人間で、自分でデザインもパターンもできて。つまり好きが高じて始まったブランドなんです。
だから、『パターンがひけるから、パタンナーをやろうかな』っていう人よりも、『ファッションが好き、だからパタンナーをやりたい!』という人を求めていますね。

レッセ・パッセだからこそ味わえる仕事の魅力はどんなことですか?

シリーズ毎に担当を任される分、大きなヤリガイを感じてもらえるはずです。

アイテムで担当を分けられないことではないでしょうか?弊社ではシリーズ毎に担当を任されるのでヤリガイがあると思いますよ。スタッフ1人ひとりの想いを尊重しているからこそ、こういった方針をとっているんです。

――そういった意味では、本当に弊社の企画スタッフは恵まれていますね。
半年に一回、海外出張に出かけますが、(今回はニューヨーク♪)そこでノルマがあって、特定の店舗を視察して、レポート提出、ということはありません。スタッフみんなで綺麗な物、素敵な景色を見て回り感性を刺激するんです。
こういう機会を若い内から、どんどん与えられるのは魅力だと思いますね。

スタッフ1人ひとりの思いを大切にしているからこそ、アイテム毎ではなくシリーズごとに担当を任せて仕事をしてもらっています。
若いうちから海外出張のチャンスに恵まれていることもレッセ・パッセで働く魅力ではないでしょうか

株式会社レッセ・パッセ 本田 香さん

今後の採用活動において、お考えのことはありますか?

キチンとしたものづくりに取り組める環境で成長したい方を積極的に採用したいと考えています。

ずっと考えていることは可能性ある若い人材を積極的に採用して、自社で育てていこうということですね。 当社は商品自体もかなり丁寧に組み立てて、企画もパターンも行っているので、キチンとしたものづくりに取り組めます。 そういった環境で成長してみたい方をどんどんと採用していきたいですね。

あとは海外の方の採用も強化していきたいです。今、生産を中国で行う企業様も多いですし、弊社も現地と直接やり取りできるような人材はほしいところですね。

エランに期待すること

私個人的な意見ですが、紹介会社さんであったり、関わる人すべてと“一回きり”のお付き合いって嫌なんですよ。人と人の繋がりを大切にしたいんです。だから、採用が上手くいっても『今状況はどうですか?』なんて声をかけてもらえると嬉しいですね。 『こんな人に来てほしい!』って伝えるのは簡単なんですけど、言わなくても、『レッセ・パッセはこういう人材を求めている』と分かってもらえるくらい深い中になれるのが理想ですね(笑)

企業インタビュー 記事一覧

エランに登録する

ご登録からお仕事紹介、ご入職までのサポートや相談など、費用はかかりません。ぜひご登録ください。

転職支援サービスに登録

正社員・契約社員としてお仕事をお探しの方

ご登録からお仕事紹介、ご入職までのサポートや相談など、費用はかかりません。ぜひご登録ください。

転職支援サービスに登録する

職種でさがす

勤務地でさがす

業種でさがす

株式会社レッセ・パッセの企業インタビュー|アパレル・ファッションの転職ならエラン ページトップ