給与・社会保険など|アパレル・ファッションの派遣・求人ならエラン

マイ求人検索

エランの人材派遣サービスあなたのライフスタイルに合わせ、最適なお仕事をご紹介いたします。

給与・社会保険など

派遣社員として働くためには、エランへの登録が必要です。
登録会では専門のコーディネーターがお仕事の紹介からキャリアプランのご相談まで、1対1で対応させていただきます。
まずはご希望をお伝えください。スキルやご経験をもとに精一杯サポートさせていただきます。

給与について

エランでは、提出いただく勤務票(タイムシートといいます)に基づき、当月1日から末日までのご就業分を翌月15日に、ご指定の銀行口座にお振込みしています。(支払日が金融機関休業日にあたる場合は、前日振り込みとなります。)
タイムシートには始業時刻及び終業時刻を記入し、締め日までにFAXにて提出いただきます。 個別詳細についてのご質問は、営業担当または登録オフィスまでご連絡願います。

交通費・残業手当・賞与について

交通費について

交通費の支給は、派遣先によって支給される場合とされない場合がありますので注意が必要です。
また支給されるとしても上限が設定されていることもありますので、お仕事を決める際には派遣会社に確認しましょう。

残業手当について

1日8時間を超えてお仕事をした場合は、時給に25%上乗せした賃金が支払われます。
詳細については、お仕事が決定した際に担当者より説明させていただきます。

賞与について

基本的に、賞与は支給していません。
お仕事によっては、成果に応じてインセンティヴなどの支給がある場合がありますので、仕事紹介を受ける際に確認しましょう。

有給休暇について

エランの派遣社員として、最初に就業された日から6カ月継続して勤務した場合に、勤務日数に応じて有給休暇を付与しています。有給休暇の有効期間は、付与された日から2年間で、派遣契約期間中に取得することができます。
契約のない期間が連続して1ヶ月(タイムシート2期分)に達した場合は、有給休暇に関する資格は消滅します。契約のない期間に有給休暇を使用することはできません。
具体的な付与日数は、対象期間の勤務実績によって変動しますので、詳細はエランの担当者にご確認願います。

社会保険制度について

エランは社会保険を完備しています。決定したお仕事の就業条件が、社会保険の加入資格を満たす場合、健康保険・厚生年金・雇用保険への加入手続きを行っております。社会保険の加入資格は、1か月の勤務日数および1日または1週間の所定労働時間が、一般社員のおおむね4分の3以上ある場合となっています。1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満、かつ1年以上の就労が見込まれる場合は、雇用保険にのみ加入することができます(短時間労働被保険者)。
なお、労災保険は、契約条件に拘わらず、お仕事を開始した日から自動的に加入していますのでご安心ください。

定期健康診断

就業中で一定の基準を満たしている方に、年1回、無料で健康診断をご案内しています。ご案内を受け取ったら速やかに指示に従って受診してください。エラン指定の医療機関にて受診していただきます。法定検査項目以外の受診を追加される場合は、追加受診料を自己負担いただくことになります。

源泉徴収票・各種証明書について

派遣スタッフの年末調整は、その年の12月に当社から給与支払いのあった方全員に、実施しています。
源泉徴収票の発行は、その年に1回でも当社から給与の支払いのあった方全員に、翌年の1月末までに送付していますが、中途退職などで、源泉徴収票が必要になった場合には、随時発行しています。

タイムシートについて

タイムシートは、マイページ内から用紙をダウンロードできるようにしています。タイムシート提出日は、営業担当から個別にお知らせします。不明な場合は営業担当までお問合わせください。
提出日を過ぎてからFAXされた場合は、給与の支払いが遅れることがあります。必ず提出日までにFAXしてください。
FAX終了後に内容変更したい場合は、担当者へ連絡願います。提出日を過ぎてからFAXされた場合は、給与の支払いが遅れることがあります。必ず提出日までにFAXしてください。
※FAX終了後に内容変更したい場合は、担当者へ連絡願います。 電車遅延で始業時間が遅れた場合は、実際に仕事を開始した時間をご記入ください。遅刻の理由が交通機関の遅延や天災などであっても実働時間には含めません。遅延証明書を受け取っている場合は、就業先へ出社報告の際に遅延の理由として提示してください。

扶養について

扶養内とは、年収を103万円以下に抑えると、ご主人が配偶者控除を受けることができることを言います。また、所得税についても課税されません。住民税の非課税基準は100万円です。
年収130万円を超えると、自身で健康保険料と厚生年金を納めなくてはならなくなります。また、130万円を超えなくても、(1)2か月を超える契約を締結している場合 (2)週30時間以上、かつ週4日以上の契約を締結している場合は勤務先の健康保険と厚生年金に加入することになります。一般に150万円程度まで年収を増やさないと、手取りが健康保険と厚生年金の保険料の負担分を上回ることができないので、損と言われていますが、厚生年金に加入すると将来の年金額が増えるので、一概に損とも言えません。

エランに登録する

ご登録からお仕事紹介、ご入職までのサポートや相談など、費用はかかりません。ぜひご登録ください。

人材派遣サービスに登録する

職種でさがす

勤務地でさがす

業種でさがす

給与・社会保険など ページトップ